「おの恋ホルモン焼そば」は、昭和30年代に小野市内の焼肉店で始められたメニューで、当時は、金物や算盤職人の間でよく食べられていました。ホルモンの甘みと、ピリ辛特製タレそば麺のツルっとした食感が好評で、市内の店舗で人気メニューとして提供されています。小野市観光協会は、昔から親しまれていた「おの恋ホルモン焼きそば」を応援しています。

次の店舗では、個性的な"特製ホルモン焼きそば"が提供されています。それぞれのお店の味をぜひ楽しんでみてください。

ホルモン焼きそば

鉄板居酒屋 笑いや

「笑う門には福来る」 いっぱい食べて!たくさん飲んで!楽しい時間を過ごしましょ♪